文旦類一覧

 文旦博物館
 
← メインコンテンツ部は幅750px →
品種名 :河内晩柑・美生柑・夏文旦・みしょうゴールド
(かわちばんかん・みしょうかん・なつぶんたん・みしょうごーるど)
画像
概要 熊本市河内町の西村勝春氏のところに原木が有る。これは大正時代に父徳三郎氏が町内の他の地から移住するときに、 旧宅より移植したものと伝えられていて実生主である。親が何であるかは定かではない。しかしぶんたんの血を引く品種と考えられる。
特性内容 主に250gの大きさである が大果のものは500gになる。果形は短卵形で、果面は滑らかである。果皮は黄色で回青はしないが退色する。果皮は比較的厚いが果肉と密着せず剥皮は容易で ある。果肉は柔軟多汁でジューシーである。熟期は5~6月
現在の栽培地 熊本県が80%の生産量を占め、愛媛県南予、高知県、長崎、鹿児島県でも栽培されている。
熊本県では「河内晩柑」「ジュ-シ-フルーツ」、愛媛県では「美生柑」の商品名で出荷されています。和製グレープフルーツとして注目されていて、高知県南西や当白木果樹園では、「夏ぶんたん」の商品名で販売しています。

文旦博物館TOPへ
 
文旦屋・白木果樹園TOPへ

この資料はぶんたん博物館(当、白木果樹園)の調査したもので無断で使用することはお断り致します。もしこの資料をお使いになる場合は必ず当、白木果樹園にご相談を御願いします。
この資料は次の中から抜粋させて頂きました。「柑橘栽培新説」薬師寺清司氏書、昭和37年初刊発行。果樹全書「カンキツ」農文協、昭和60年発行。くらしと農業「土佐の文旦」高知県農業改良普及協会、平成7年発行。特産くだもの「ぶんたん1」「ぶんたん2」(社)日本果樹種苗協会、平成4年発行。

prodacted by shiraki orchad web scene 1996
白木果樹園